1. Home
  2. /
  3. 妖怪ウォッチ

妖怪ウォッチ

本物の妖怪ウォッチの作り方

(実空間上)

1. 大気中の成分や地面の物質等を時計上のセンサ(可視光線、赤外線、紫外線、放射線、電波、温湿度計)で過去に亡くなった人や動物を検知する

2. それを妖怪ウォッチで計算する

3. 妖怪ウォッチから出力する

– 3Dプリンタを応用し、時計から一定時間、外界に出ると固まる粒子を瞬時に送り出す

– ここで、電子回路付のものを送り出し、動くようにする

※1) そんな膨大な情報を検知するセンサを小さい時計に搭載する事は、現代の技術では困難な上、亡くなった人や動物を検知することは、直近の人や動物ならば、もしかしたら出来るかもしれないが、難しい

※3) 今のところ、固定された3Dプリンタでないと物体を作るのは技術上、無理なのかもしれない上、電子回路まで印刷する機能が搭載されたものが、今あるのかどうか分からない