1. Home
  2. /
  3. IoT

IoT

Spresense (ソニーさん)で、LEDを点滅させました。
Spresense (Sony) Blinking the LED.

Heltecさん の、ディスプレイ付き ESP 32で、OLEDに、数種の画像を表示できるようにしました。
I’ve made Heltec ESP 32’s OLED display some kind of images indicating.

Arduinoで温湿度センサー値を取りました。
Got Temperature and Humidity Sensor Value with Arduino.

ESPWROOM32で、LEDを点滅させました。
Made LED Blink with ESPWROOM32.

書き込み装置を、AVRISP mkllにして、書き込み速度を、USB 2なので、256000にしたというのが、注意点です。
Notice Point is we made the Writing Machine to AVRIPS mkll and the Writing Speed to 256000 since it’s USB 2 this time.

ESP32カメラが届いていたので、自宅LANで動かして、自宅LAN内のブラウザーで見ました。 (上図)

(本体価格: 880円 等、総計1,000円程度)

※参照:  https://qiita.com/Nabeshin/items/b195cad1afe99ce29f1e

 

参照ホームページには、無い情報を載せます。

・ Arduino IDEで、COMポートがWindows Update等をして、使えなくなった場合

→ 中華系のソフトを使えるという情報を目にしたので、インストールしたら、使えました。

次のリンクを、ご参照下さい。

http://www.wch.cn/download/CH341SER_ZIP.html

上記リンクの、「下载(xiazai)」をクリックしてダウンロードし、インストールすると、COMポートがArduino IDE上で表示されます。

(なお、私は、ほとんど、中国語が読めないので、どういうソフトなのかは、知らないです)

・ Arduino IDE上のSerial Port Viewerで、IPアドレスを参照する際の文字化け

→ Serial.beginのレートを読み込むものと統一すると表示されます。

・ WiFi設定

→ WiFi設定は、私の場合、”a”では、認識されなかったため、”g”で繋ぎました。