コンテンツへスキップ
  1. Home
  2. /
  3. ロボット
  4. /
  5. Jetbot Car

Jetbot Car

Jetbotのロボット車両の組み立てや作動につきまして、一定以上に??、やってみないと分からない事もあると思いますから、取り掛かる事にしました。
 
次のリンク先を参考に実施しています。
 
JetbotのメモリーカードデータをNVIDIAの公式ホームページからダウンロードしてROMに焼きました。
 
そして、RDPとmozc入力が出来るようにしました。 
(^-^;
 
次がJetbotのRDP (Remote Desktop)です。
 
 

JetsonにAnacondaをインストールできないと、NVIDIAの公式サイトから分かりました。

なので、3時間位かけて、ようやく、ここまで辿りつきましたけど、 (Jetson nanoからの同一LAN内Jupyter Notebookブラウザー起動)

ロボット車両を動かすには、専用ROMを焼く必要があるらしいので、一応バックアップだけ取って、メモリーカードから消去します。
 
※ インストールの練習目的に、やっていたようなモノです (専用ROMが ある/ありそう な事は知っていました)
 
Jetson のROMデータバックアップにも技術が必要だった気がしますが… (Linuxでないとダメ等です)

Jetson のメモリーカードは、Win32DiskImagerではクローニング出来ず、VirtualBox上のLinux OSでddコマンドを使って吸い出して、
そのイメージデータを共有フォルダー上に落として、Winに移行する事が出来ます。

https://www.sejuku.net/blog/75265
https://forums.developer.nvidia.com/t/how-can-i-back-up-the-image/73878

「sudo su -」状態で次を実施すると、共有フォルダーが開けて、再起動してもマウント状態が続きます。
suで行う必要があるのと、再起動してもマウントが続かない事は既知でしたけど、こういった風に面倒だとは、そんなに思っていなかったです。
なお、VirtualBoxでのUSB検知も面倒だった気がしています… (外付けならば、よかったかもしれませんけど、内蔵のは、です。幸い、外付けですが)
https://vboxmania.net/%E5%85%B1%E6%9C%89%E3%83%95%E3%82…/
https://legendimposter.hatenablog.jp/entry/2020/08/26/170022
https://www.chihayafuru.jp/tech/index.php/archives/1966
https://qiita.com/otaka/items/79e18883db4679e41c6e

VirtualBoxのゲストOSをVB側から再起動したからか、マウスが反応しなくなったので、ホストOSを再起動しました。
考えられるのは、ゲストOSが壊れたとかと思いました。なお、クローンしたROMを入れて電源を入れたところ、BIOS画面しか出ませんでした。
恐らくは、マウントの際とかにファイルが壊れたのでしょうけど、
これを参考に実行したところ、マウスが反応しました。精確には反応が遅いのを直しました。 (^-^;
https://aresei-note.com/8255

これで、ホストOSとゲストOS間のクリップボードの貼り付け、ドラッグ&ドロップの有効化が出来るらしいですけど、
これを行っても、cpコマンドを使わないと、ゲストOSから共有フォルダーにファイルを載せる事は出来ないようです。
https://www.pictbio.com/tips/1017.html

最初、次のコマンドを使用するのかと思いました。
(コピー元をOSから見えるディレクトリーにしていた事によって、1.1GBしかコピーされませんでした)
sudo dd if=コピー元 of=コピー先/〇〇.img bs=1M conv=noerror,sync count=1024 status=progress

しかし、これを使うとメモリーカードからのデータの吸い出しが出来るみたいです。
例えば、次のようにします。
sdXのXは、何らかのパーティションツールやコマンドで調べる必要があります。
sudo dd bs=4M if=/dev/sdX of=/home/ユーザー名/デスクトップ/コピー先.img status=progress count=6250

VirtualBox上のUbuntu Linuxの容量が足りなくて、バックアップが途中で止まるので、VBの設定で250GB割り当てた上で、GPartedにてリサイズしようとしていますが、上手く行っていませんでした…
(リサイズするには、追加した容量を、そのまま空き状態にした方が、フォーマットするよりか、よかったみたいです<よくは、分かりませんが>)

sda2>sda5を直で拡張する事は出来ないみたいですが、sda2(親)を拡張してからsda5も拡張すればよいみたいです。
https://kimamani89.com/2021/04/18/ubuntuadd/

次で書き込むようです。
sudo dd bs=16M if=/home/ユーザー名/デスクトップ/バックアップファイル.img of=/dev/sdc status=progress count=6250

結局、バックアップデータは吸い出せたと思われるものの、「焼き付ける先のメモリーカードが同じモノでない」ため、容量が足りずに終わりました。

何故か、UbuntuのGPpartedでメモリーカードにFAT32を作れなかったのに、
WinのAOMEIでフォーマットしたら、作れました。EaseUSでも出来そうですね。

何とか、Jetson nanoのメモリーカードのクローニングが出来ました。
「焼きつける方は」ddコマンドでなく、Win32DiskImagerを使えばよかったです。

Jetbotを組み立てました。

次の手順を基に組み立てるとよいです。

動画を停止しながら組み立てました。

私は手先が器用でなかったりするので、全部で3、4時間かかったかと思います。

それを使って組み立てたのが、次のモノです。